実務に有効なパソコン資格とは?

subpage1

今やオフィスワークでパソコンを使用しない会社は皆無とも言えるでしょう。


求人票の必要スキル欄にも、パソコン実務経験者と書いてあるくらいなので、オフィスワークを希望している人達にとってパソコンを使えることは必須と言えます。

では、自分のパソコンスキルをアピールするにはどのようにすれば良いかとなると、パソコン資格の取得が最も効果的となります。

パソコン資格の最新情報を見つけよう。

パソコン資格となると沢山ありすぎて何を受験すれば良いのか分からないという人も沢山いることでしょう。

パソコン本体の事ならばITパスポートはいかがでしょうか。



実務からは若干離れているものの、パソコンが動かない等のトラブルが起きた時に問題解決できると、会社でも家庭でも重宝がられることは間違いありません。



他に、パソコンを使って資料を作成したり計算やグラフを作れることをアピールするならば、日商PC検定というものもあります。WORD機能を使った「文書作成」とEXCEL機能を学べる「データ活用」があります。


実務に最も近い資格と言われ、2級までなら取得も難しくありません。

これらのパソコン資格が履歴書に書いてあれば、採用する側はパソコンに強い人と見てくれる為、面接をしてもらえる確率も高くなります。
また就職や転職に関わらず、自分で勉強したいという場合でもこれらの資格は効果的です。

ITパスポートならパソコントラブルを自分で解決でき、電話の繋がりにくいカスタマーセンターに問い合わせる必要もありません。


日商PCの場合は自分で家計簿を作りグラフにしてお金の流れを一目で確認することもできます。


資格取得を目標として勉強するのもまた、楽しみがあって良いものです。